生活苦で借金の相談をするならどこがいい?

生活苦で借金の相談をするとき、お金の心配をする人が多いと思います。
考えてみれば、生活苦で借金に苦しんでいる人が、高額な弁護士費用などを支払うことはハードルが高いです。
法律事務所に相談をすると、1時間で5千円~1万円程度がかかりますが、そのお金で借金を返済したほうがいいと考える人も多いでしょう。
それならば、本当に困っている人を法律は助けられないということになってしまいます。
実は、法テラスでは弁護士が無料で何度でも相談にのってくれます。
また、法律事務所でも、初回の30分から1時間くらいは無料で相談を受けてくれるところが増えています。
債務整理をした場合、着手金で10万円程度、成功報酬が10%~20%程度かかりますが、分割払いや後払いにしてもらえることもあります。
法律事務所によっては着手金がゼロというところもありますし、司法書士に依頼をすればさらに安くなる傾向があります。
弁護士や司法書士を選ぶときは、インターネットで検索をして、ホームページを見て比較をするのがよいでしょう。
債務整理はだれでもできるものではありませんが、生活苦に陥っている人は、債務整理ができる可能性が高いです。
場合によっては、過払い金が発生していて、お金が戻ってくる可能性もあります。

a

生活苦に陥った家族は離婚をするしかない?

生活苦が原因で、家族が離婚をしてしまうという話はよく耳にします。
3人に1人のカップルが離婚をしているというデータもありますので、生活苦に陥ってしまったことが原因で別れてしまうカップルはそれなりに多いと思われます。
日本では、夫婦別財産制がとられていますので、家族だからといって、借金まで共有することはありません。
よく誤解がされていますが、夫の借金は夫のものであり、妻の借金は妻のものですので、夫婦だからといって自分がしていない借金を返済する義務はありません。
法律が改正されて、強引な取立ては禁止されていますので、もしも借金を返済するように脅されたりしたら、すぐに警察に連絡をしましょう。
しかし、離婚をするときは、財産分与をしますので、完全に無関係というわけにもいきません。
夫がギャンブルなどで作った借金については、夫だけのものですが、夫がマイホームを購入するときに組んだ住宅ローンや、子供の教育のために借りた教育ローンなどは、財産分与の対象となります。
借金が原因で生活苦に陥っている場合には、債務整理をすることで解決できる場合もあります。
せっかく家族になったのだから、離婚は最後の手段と考えて、夫婦で協力をしてその状況を乗り切る努力をすることがおすすめです。

b

生活苦の貧乏状態から脱出するために

世の中の景気はまだまだ良いとは言えないため、生活苦で苦しんでいる人も数多くいるでしょう。
自分が貧乏だと考えている人は、華やかな生活をしているお金持ちに対して反感を持つことでしょう。
そのような貧乏生活からは早く脱出しなければならないと考えて、様々なことにチャレンジしている人も多いと思われます。
貧乏とは、一般的にお金がない状態をいいますが、心の貧乏というのも考えなければならない問題です。
人がやっているから自分もやりたい、やって当然と考えることが生活苦につながってしまいます。
自分が生活苦の毎日を過ごしている方は、日頃の生活に無駄がないか、一度考え直してみましょう。
意外と他の人では使っていないような部分にお金を取られている可能性があります。
それは電気代や日ごろの嗜好品代など様々なことが考えられますが、そのような部分の節約なくして自分が生活苦だと考えるのは少し間違ってます。
お金持ちに見える人でも、実は意外なほどケチだったり、一般の人がお金をかけている部分を節約していたりします。
そういったところを参考にしながら節約するのも貧乏脱出には大切なことです。
早く生活苦から脱出して有意義な毎日を過ごせるように努力しましょう。

c

関連サイトはココ!

関連サイト:

借金苦で、弁護士に頼ると費用の相場はどれくらい

借金苦になり、弁護士に相談して債務整理の手続きに踏み切る場合の費用の相場は、裁判所を介すかどうかによって異なってきます。
任意整理や、過払い金請求の手続きで和解する場合は、裁判所を介さないので、事務手数料などの固定費用は十万円未満の相場で行うことができ、支払いは手続きを済ませた後になります。

生活苦になっているということは、借金まみれになって借金苦状態になっている可能性もあります。
とはいえ、借金苦になってしまったとしても、どうにかする道を見つけることはできるのです。
どうすればいいかわからないことがあったら、まずはネットを使って知識を得ましょう。
借金苦についてなら、関連サイトを掲載しておきますので、見てみてはいかがでしょうか?